ネットコミセンで越智さんと話している最中

Posted by – 2004年4月30日

26日の夕方に、ネットコミセンで越智さんと話している最中、急に頭痛と吐き気と震えなどにより体調が悪化し、一時は事務所に戻るものの、そのまま奈己さんに運ばれて荘内病院に行く羽目になっていた。
関係の皆様には大変ご迷惑をおかけしております。
CT検査やら何やら、翌日も脳神経外科で診察してもらったりしたが、脳や手足の感覚に異常はなく、おそらくは日頃の過密スケジュールによる不規則な生活や、過労・ストレスからくる自律神経系のトラブルで、今まで溜まっていたものが一気に出て来てしまったのではないか、という事らしい。
安定剤を飲むと大丈夫なのだが、動いたり考え事をすると、拒否反応のためか、すぐ血圧が上がったり、ふらふらしたり熱が出る。
自分で自分の体をコントロール出来ない。それ自体にも苛立ってしまう。昨日の夕方にちょっと動いてみたが、やはり駄目。今日現在、まだ調子が良くない。
いきなり具合悪くなったときは「うわっ、何だこれは、これが脳梗塞とか膜下出血とかなのか…、もう駄目か…。」って感じだったが、何とか生きてる。


しかしちょっと気も抜けた。これを期に、引退の準備に入ろうかな。これ以上、今のまま私一人がリスクを抱えて、無理に続ける必要も無い。

Closed