携帯電話が余りしゃべらない平和な日

Posted by – 2004年9月16日

今日は、携帯電話が余りしゃべらない平和な日だった。
私の携帯電話は、しゃべる。
仕事関係からの着信は「仕事だよ♪ 仕事だよ♪」と鳴る。
NPO・役所関係からは「まったく人使いが荒いぜ♪ まったく人使いが荒いぜ♪」と鳴る。
最近多い非通知からは「これは怪しいぞ♪ これは怪しいぞ♪」と鳴る。
電話帳に登録してない番号からは「所属不明の電話か♪ 所属不明の電話か♪」と鳴る。
一部、なぜか「箱根八里の半次郎」が鳴る。
それ以外では、落ち着いたような、黄昏ているような、癒し系の曲が目立つ。中にはイヤラシ系もあるが(謎)。
もっとも最近NPOでは、理事のほうが「最近、石塚は人使いが荒くなった。」と言っている事だろう(苦笑)。ふっふっふ。

さて、「どうしますか?」「これでいいですか?」等と、連絡して返事を待ったりする場合、3日以上何も音沙汰が無ければ、NPOでは「案を示せ。」とか「それで構わない。」という意味だ。けっして「どうでもいい」とか「後は任せる」等と放って置いている訳ではないし、責任を放棄している訳ではない。その辺り、無責任とは失礼だ、という事が決まっていたらしい。
ので、日記のくせに、独り言のくせに、一部前言を撤回します。心当たりのある方、大変失礼しました(苦笑)。
うぐわぁ、唐突ながらに、既に午後11時過ぎか。今日ももう帰って風呂入ってビールでも飲んで寝る…前にやっぱりもうちょい仕事しようかな。


石塚:「そいえば、仕事の定義って、対価や給料関係あるの?」
奈己:「あるとすれば?」
石塚:「俺らのやってる事の半分は、仕事じゃなくて、遊び・酔狂・暇つぶし・物好き作業と呼ばれる事になる。」
奈己:「じゃあ、ここでは関係無い事にしよう。」
石塚:「そうすれば、とりあえず精神的には安泰で、家族にも説明できるな。仕事で帰りが遅くなるよ、とか。」
奈己:「社会的に、人様の役に立ってるかどうかが問題なんじゃない?」
石塚:「お、いい事言うねぇ。お金は無いけど役に立ってる、か。」
奈己:「でもちゃんと稼いでね、お・父・さ・ん。」
石塚:「じゃ、やっぱNPO辞める。いっそ二人で辞める?」
奈己:「いいわねぇ。そして遠くに逃げるのね。」
石塚:「そう、犯人は北へ逃げると思われがちだから、南へ。地球儀でも南の方が広いし。そして仕送りする。」
奈己:「もう訳わからん。」
石塚:「でもNPO辞めると儲かるよ。」
奈己:「普通に聞くと理屈が解らないわ。」

Closed