片付けようとして余計に散らかるのは良くある話

Posted by – 2005年5月17日

屋上の緑化帯で謎のキノコがあちこち満遍なく発生中(謎)。

石塚 : 「…順調に成長してます。」
副館長 : 「食えるなんねが?」
Y岸 : 「キノコは当たると怖いですよ。」

そのキノコ食べてトリッ●しちゃったら、どうしましょう(爆)

さて、心配した子どもの具合は、お陰さまで大したことが無かった。
今日は午後7時から地区運動会の係の打ち合わせがあるから、という事で残業せずに帰宅して、てくてく歩いて地区会館に行ってみると
「あれ?おめだの係の打ち合わせは来週だぜ?今日は選手選考会だ。」
という事で、じゃあ仕方ないなと開き直り、家に帰る途中の酒屋で500ミリの発泡酒を2缶購入。
久しぶりに早く帰宅できたと気持ちを切り替える。
ゆっくりするしかない。仕事も9割を置いてきてしまった。


部屋の片づけを始める。劇●ビフォア&アフターに挑戦だ。
でもまぁ片付けようとして余計に散らかるのは良くある話だ。整理している最中にふと昔よく読んだ本など発掘してしまうと、作業中断で読書タイムに突入してしまう。B型のサガというやつか。
いや、片付けるついでに棚や机の配置換えをしようとして土壷にはまってしまうのか。

某NPO法人理事復帰の要請がある。というより登記上はまだ私は理事なのだ。
どうも他の関連するNPO間でのバーター取引が影に絡んでいるらしい(謎)。
おのれ、こざかしいマネを!いつのまにやら私自身が取引材料とは。いずれにせよシワ寄せの犠牲にはなりたくない。なんてね(笑)。

今日はせめて早く寝ようと思う。どうせ明日も夜は帰れそうに無い。報告書の仕事もある。急いで片付けねば。

Closed