観光協会に遡及的に法人税が課せられ

Posted by – 2005年6月2日

夜、施設使用の方針について話し合っていた。

K林:「例えば、例えばですよ。私が自宅だと気が散るので会議室を借りてプラモデルを作りたいと言ったら、借りれるんですか?」
石塚:「それはK林くんだと、だめかな。」
N須:「俺はプラモデルの種類によると思う。」

そういう問題じゃありませんから~~っ!

さて、地域の運動会が間近。その打ち合わせと、地元の観光協会の総会と重なり、コミセンから始まった懇親会は、比較的大人数での飲み会となった。
昨年度から、観光協会に遡及的に法人税が課せられ、ここ数年の観光客の落ち込みと合わせて、泣きっ面に蜂という状態だ。
NPO法人化すれば課税されないのか?というとそういう問題ではないのだが、そういう期待もあり、少し説明が必要なところを感じる。いずれにせよ、一度払ってしまえば、来年は払わない、という事は無理。
とりあえず、地元ではまたNPOの勉強会を開いて欲しいとの事だった。
観光協会がNPO法人化している例もあるようだが、私もその辺は少し勉強不足で。


昨日、県庁の方から偉い人が来られた。指定管理者制度について、また少し考えた。
鶴岡市の場合は、今のところ開発公社だが、3年、5年先は、民間企業でもNPOでも可能性はある。
制度についても、可能性と活用の仕方について、もう少し理解と勉強が必要だ。

最近また生活リズムがばらばらで、少し体調を崩しつつある。昨夜は午前1時半の帰宅だった。
色々な作業が遅れ、また分散しているため思考回路の効率も悪く、一部なりとも関係の皆さんに迷惑を掛けている。我ながら、まったく何やってんだろうか…。
整理・報告する前に、気が付くと、また新しい事業や作業が発生している。まぁ、それだけ期待されてるとか、頼りにされてるのかな、と思えば不遜だが(苦笑)

多少は無理してもがんばらないとなぁ。

Closed