今日も一日、微妙に頭が痛かった。

Posted by – 2005年5月30日

今日も一日、微妙に頭が痛かった。偏頭痛は高校の時が一番酷かったと思う。
回復したものの、以来、2~3年に1度くらいは少し痛いことがある。
夜8時過ぎにNPOセンターに寄り、夜10時過ぎに帰宅。岩ガキ3つ、半身の喉黒の焼き物、焼き鳥2本、トマトとモヤシのサラダが晩御飯。風呂に入り、仕事部屋で一息。
ザ・マッカランをスコッチだけ(?)飲もう、と思いつつ既にロックで3杯目…。少なからず酔いも回る。

状況的に、携帯は2つ持たなければならないのだろうか。
公私混同というか、いや別に私でもないつもりなのだが、開発公社の嘱託職員という立場と、NPOのセンター長という立場が、露骨に日中に入り乱れては、開発公社様に義理も欠くので、少し不味いだろうとは思いつつ、具体的な対応が取れてない。NPO絡みの携帯の着信は、最低でも時間内に5~6件。大半は切っているが、無視できないものもあるし、無視したくないものもある。まぁそれは仕方ない事でもあるのだろうが。

物事が色々と山積になって、ごちゃごちゃになると、1つずつ優先順位を決めて片付けに掛かるしかない。その中で、期日を過ぎても書けてない報告書などもある。3~4年前の自分なら切腹ものだが、私も人が悪くなったものだ(苦笑)
…ま、どうせ人のものだしな、と(爆) いやいや、決して無責任では済まされない事だ。無能とは言われても、無責任とは言われたくない。


また最近オーバーワーク気味で、どちらかというと、体力的というよりは精神的な問題だ。
試行錯誤で手探りながらも、これからもっと先の事も考えなければならない。より周囲の期待に応えたいと思う欲求、何が求められているのか? 正しい判断とは何か? いろんなしがらみ、人間関係、組織間関係、悩み事。自分を殺して調整に徹しようとする矛盾、自分の責任とは?
両者どちらも引けない状況。面子を取るか、実質を取るか。かといって、私1人がスケープゴートになって去り、それで済む様な話ではないし。
解決の糸口…というよりこんな問題が起きる事自体がおかしい。が仕方ない。
人は変わらない。繰り返す。当然だ。自覚が無い。そもそも自分勝手なだけだ。それが何になる?流れの中でどう繋がる?
協議など面倒くさいし、どうせ反対する人が居る。だから自分が決める、あとは自分が決めた事に皆が従えばいい?何様のつもりだ?
自由と責任、権利と義務。市民て何だ?まずい。NPO?ボランティア?やった本人は「知りません!」、事務局は「もう辞めたので関係ないですから!」、担当役員は「私個人じゃなくて組織の責任です!」そりゃ関わりたくない。考えれば考えるほど、まともな神経じゃ付き合いきれん。責任は一切取ろうともせずに、何をそんなに自分の思い通りにやりたいんだ?名誉か、主導権争いか。
目的が無い。前後の経緯が無い。調整が無い。合意形成も無い。楽しみも無い。メリットも無い。だから誰も従わない。しかし従わなければ強制する。嘘を付く、脅す?
一生懸命なのは良いことだが、一生懸命なら何をしても良い訳ではない。
信念があるのは素晴らしい事であるかも知れないが、信念のために全てを否定するのは許されないのでは?
しかしそんなものは、全部枝葉の問題ではないか。本当の根元は何だ。

これも色んな課題を乗り越え、成長していく過程だとでも思うしかないのだろう。
2歩進んで1歩下がる。無理して欲張らないこと。今はコツコツと地道な前進あるのみ。
私自身は、こんなボロボロの状況でもまだ応援してくれる多くの人達と一緒に、特に学生連中やら同年の仲間と一緒に、一緒にやって来た人達の要望に応えて、もう一度再考するため、じきに今の場所からは、一時なりとも身を引くしかない。それがより多くの周囲の期待だとすれば。
もはや、その程度で揺らぐものは、今の我々には無いのも確か。強い信頼関係もある。
だから不安はない。これから先、おおよそ不安はないが、ただ悩みはある。

Closed