この冬一番の凄い天気で

Posted by – 2004年1月22日

この冬一番の凄い天気で、帰り道は30メートル先の信号が見えない程の吹雪だった。帰宅してご飯食べてお風呂に入って11時。天気のせいで、帰宅に倍の時間がかかった。
最近ほんと、作業が進まなくて皆さんに凄く迷惑をかけてる。なので今日の午前中も自宅で作業してから、正午近くに出勤した。だって、最近は職場に行くと事務仕事にならないんだもん(爆)
環境共生シンポジウムの3ヵ年分の報告書を急いでいる。S田市役所のT樫裕さん、ごめんなさい。ついに進捗状況確認の連絡を出させてしまった(T_T)
出勤と同時に、待っていたかの様に、別にいいんだけど、別にいいんだけど、最初はA印刷のS藤さんだった。外堀堰再生・保存の会でパンフレットなどの印刷業務をお願いしているのもあるが、鶴岡市内の沿岸部の地域で、海を生き返らせようという取り組みを、地元住民らで考えているそうで。NPO法人と庄内NPOセンターの現状についての話を約30分以上だろうか。その後、昼飯を食べようとした矢先、山大農学部と公益大の学生6人が入場し会議が始まった。学生の団体を立ち上げ、庄内NPOセンターを中心とした各イベントや事業の支援を行う組織化を図るらしい。ありがたい。今日は名称が決まったらしく「それいけ、がきんちょ倶楽部」?。テーマは「NKO」?。うーむ、最近の若い者は良くわからん。まぁともかく理事長は公益大の西塚梢。次の会議で目標を決めるのが目標らしいが、何は無くとも、とりあえず月に1度のペースの会合で話を進めていくらしい。少しちょっかいを入れつつ、時に相談に乗りつつ、でも1時間半くらいで終わったので、ようやく弁当を食べる事が出来た。10分以上の電話が3本続いた後、弁当をしまって、今夜の遠賀原土地区画整理組合で行う予定の、ワークショップの事前調整会議の資料を作ろうとデスクに向かうと、珍しく仲川さんがやって来た。富樫美雪さんも現れた。1時間ちょっとくらい話をして帰られた瞬間、岡部夏雄さんが何やら書類を持ってやって来て、さらに次の瞬間に阿部等さんが本棚を持ってやって来た。
時計を見て、そろそろやばい事に気付いた。6時から会議なのに、もう5時を過ぎたのに、結局その会議の資料を作り損ねていた。今日の午後は、正午から夕方までの間に、たかがA4サイズ2枚ほどの簡単な資料も満足に作れないでいた。岡部さんらを半ば無視し(それはそれで御免なさい)、慌てて資料を作り、印刷開始で5時半過ぎ、すがる電話と来客をかわして会場に向かおうとする。…が、大雪で車が埋まっているじゃないか!おーまいがっ!急いで除雪し向かうが5分遅刻。はぁ…参った。
何はともあれ、無事に会議を終え、7時過ぎに職場に戻る。7時半過ぎに岩間さんが来場。清輝さんと3人で、9時近くまで色々と話をする。岩間さんが帰ると、しばらくして皆帰った。明日の第1アポイントメントは午前10時に公益大のHさんだ。
とりあえず所詮は言い訳も出来ないので、今夜はもう徹夜で作業する。皆さん、ほんと仕事が遅れてスンマセン。許して下さいませ。

Closed